とある冒険者の記録媒体

FF14のミラプリ録のはずが脱線し続けている日記

Another world〜牧場物語 オリーブタウンと希望の大地②

ゲーム内で丸1年過ごし、自分の中ではキリがいいので終わりにしました。
発売から25年。こんなにも話題になり、そして炎上した牧場物語はありませんでした。
それでもハマった人も、やり込みまくっている人もしっかりといます。
私もそちら側にまわってここで褒めちぎりたいのですが……思ったことを書き綴っていたらどうしてもマイナス面寄りに。
文章では伝える事が難しかったですが、私自身はそれなりには楽しんでプレイできました。


牧場物語のネタバレとはどこからを言うのか、数日考えてみましたが答えが出なかったので注意書きは無いです。
シナリオの中身には触れていませんが、それ以外には触れています。

f:id:NK_memory:20210322112429j:image

世間では不評なので、勝手にカテゴライズしてみました。

今回の作品を楽しめる人
 ・自キャラの見た目や服装を変える事に興味がある人
 ・色々な作物や花、果樹を育てたい
 ・たくさんのどうぶつに癒されたい
 ・牧場の見た目をある程度自由にいじりたい

あまりオススメできない人
 ・町の人とのやり取りや結婚要素に過度な期待をしている
 ・家の中の模様替えができる事を楽しみにしている人
 ・あつ森レベルの自由度を求めてクリエイトしたいと思っている人


f:id:NK_memory:20210315140528j:image

牧場のレイアウトができるのが今回のセールスポイントだったのだと思われます。
これについても賛否両論言われていました。
あつ森と比べられて劣化版と非難されているのを多く見受けられますが、空間デザイン能力が無いのに何となくそういうのを考えるのが好きな私にとっては十分すぎました。
且つ牧場物語経験者としては、にわとり小屋とかどうぶつ小屋の場所を自由に決められるのは最初は感動モノでした。

種も昔の牧場物語では3×3の9マス分が1セットで固定で、それ故畑の形も自由性が無かったのですが、今作は1マス分で売られているので、違う花や作物を好きな配置で埋めることができます。
やろうと思えばフラワーアートとかもできるのかもしれません、やりたかったですが何も思いつきませんでした。

f:id:NK_memory:20210322112311j:image

育てられる物については、作物、花、果樹を含めたら本当に充実したラインナップで素晴らしかったです。
あまりお金が必要になる事は無いので、お金稼ぎの効率とか一切考えずに植えたい物を植える事ができたのも私にとってはかなりポイントが高かったです。


途中で開放できる季節に影響されない四季の庭があるのですが、冬の月に春の庭を開放してみたので春にしか育てられないイチゴを育てられるぞーって喜々として雑貨屋で種を買おうとしたのですが、売っていないのですよ。
いや、開放した意味……。
冬と春の両方を跨いで育てられる種は売っていてそれを育てる事はできるのですが、春オンリーの種は春にしか買えない仕様には泣かされましたね。
四季の庭の開放もそこまで容易では無いので、そんな規制つけるのはいかがなものかと思っています。

 

f:id:NK_memory:20210315140532j:image
牧場のレイアウト機能はまあ良かったのですが、逆に同じくセールスポイントだったはずの家のレイアウト機能はとんでもなく酷いです、期待してはいけません。
家具の向きを変えられないどころか、例えばカーペットを敷いたらその上には机やら椅子やら一切置くことができないのですよ。
重ね置きができません。
しかも家具を置ける場所もある程度制限があります。


家の増築もできるのですが、3段階目くらいの増築でベッドが2階に移動してしまうんです。
2:00までにベッドで寝ないと気絶してしまう仕様なので、毎日1:50くらいにベッドに駆け込む生活をしていた私にとって、玄関からベッドまでの距離が少しでも遠ざかるのは致命的でして。
普通は家を増築したいと思うのが当たり前のはずなのに、そんな気持ちに一切させてくれなかったです。
増築すると飼えるペットの数が増えたり、冷蔵庫に保存できる数が増える等メリットはあるのですが……私にはどちらも不要だったのでわざと2段階目で止めて遊んでいました。


f:id:NK_memory:20210315140536j:image

ストーリーや町の人やイベント事は最後まで愛せませんでした。
結婚後も朝起きたら彼はいないし、夜家に戻ったら彼は寝ている……まさかの仮面夫婦生活を送る事になるとはという感じです。
牧場の仕事も一切手伝ってくれないです。
雨の日になると家にいるので、その時だけ話す本当に謎な結婚生活でした。
牧場物語の外伝的な存在のルーンファクトリーというゲーム出身者がオリーブタウンを同じノリでプレイしてしまったら悲しみしかないと思います。


メーカーは……皆さん思っていることは同じなので省略。
写真だけで訴えます。
f:id:NK_memory:20210319173350j:image

写真機能は使いづらかったですが、アップにして色々な物を見る事ができたりスクショしやすくできる機能はありがたかったです。
常に引きの視点なので、今回は牧場をいじれるのも相俟って、写真を撮らなくてもカメラを構えたまま歩いて眺めるのも楽しかったです。
それでもやっぱり、キャラメイクも服変えられるシステムにもなったからこそ、自撮りできる機能も欲しかったです……!




5月末にアプデが入ることは約束されていますが、きっとこれからもより良い方向に歩み続けてくれると思います。
町の人との会話も改善されるようです。
あまりやりこみもせずアプデも待たずに私はオリーブタウンを去りますが、これから遊ぶ方々には少しでも良い印象を残せる牧場物語で在ってほしいと願っています。
頑張れ、牧場物語!負けるな、牧場物語

Another world〜牧場物語オリーブタウンと希望の大地①(購入後直ぐの感想)

今年25周年を迎える牧場物語
まともにプレイするのは2000年に発売された牧場物語GB3が最後だったりしますが(新作出る度にチェックはしていました)、1999年に発売されたニンテンドー64牧場物語2が好きすぎて、今までやってきたゲームの中で一番やりこんだと言えるくらいの深い愛があります。
今回久々に発売前から楽しみにしていて購入しました。

ざっくりどんなゲームかを。
荒れ果て過ぎた牧場を整地しながら作物を育てたり動物を育てて、同時に町の人と親交を深めていって町の発展にも貢献していく感じです(超適当)。
今回のは牧場の開拓の自由度がウリになっていると思われます。

今回はサクナヒメの時のようなプレイ日記ではありません。
世の中的にも不満がはびこっているようなので、私もプレイ序盤の所感を書き連ねようと思ったところです。



f:id:NK_memory:20210227214833j:image
色々言われすぎていると、いつもとは逆にゲームの良い部分を全力でアピールしたいところ。
なのですが、私も発売前に期待しすぎてしまったのと牧場物語2への愛が深すぎたのも相まってゲームを始めてから少し落ち込みました。
ゲームを始めて、思わずメモを残すくらいには不満点が出てきたくらいです。
細かく紹介するつもりでしたが一部を箇条書きで留めておきます。

・ロードが長い
・ロード中にフリーズすることがある
・町の人と話す際にズームされないし立ち絵も無いから印象に残らない
・町の人との会話が薄っぺらい&シナリオイベントでは発言にドン引き
・結婚/親友の候補対象が誰なのか分かりにくい
・毎日通った方がいい場所が遠い
・地図に自分の現在地表記が無いから分かりにくい
・町に変化があっても、変化に気付きにくい(気付けない)
・時間経過が早いのとロードの長さが相まって、町や建物内や博物館を隅々まで確認したいのにできない(写真撮影も同様)
・木や岩の再生スピードが早い
・加工品を作るメーカーの種類が多い上に複数置かないといけないから半強制的に牧場の景観が損なわれる&メーカー監視物語化してる
・家具の置き場所……選択肢ほぼ無し……!?
・25年で培ってきたもの、とは?

ロードが長いのはだんだん麻痺してきてさほど気にならなくなってきました、馴れって怖い。

牧場物語シリーズは町の人と仲良くしたり結婚する為に好きなキャラの所へ通ったり貢いだり(表現)するのが醍醐味なところもあるので(一部の作品除く)、町の部分に問題があるのはシリーズファンとしては余計許せないと思うのですよね。
まだ1年目の春の月も終わっていない時点で言う事では無いのかもしれませんが、びっくりするほど町の方々に愛着が湧きません、むしろマイナスになっています。
むしろ仲良くなってシナリオイベントを発生してキャラの事を知ると「え、何この子……」ってなる事もそこそこあるんですよ、ある意味凄い。

 


f:id:NK_memory:20210304121309j:image
そんなわけでずっともやもやしながらやっていたのですが、気持ちの部分で町の事を諦めきると急に楽しくなってきました。
最初の方に書きましたが、今回の牧場物語は牧場の開拓の自由度が最大のウリだと思っています。
今私がやっているのは牧場物語では無い、開拓物語だと切り替えて考えるとまあ楽しい!
育てられる作物もかなり増えたので、土地広げるのそっちのけで種買っては畑仕事ばかりしています。
景観にこだわる余裕はまだ微塵も無いですが、土地が綺麗になっていったり作れる物が増えていくワクワクさは多くの方が共感できるのではと思える内容です。



問題作ではあるかもですが、止め時が分からなくなるくらい夢中になっている人もたくさんいます。
私も今は楽しくて仕方ないと言っても過言では無いです。
キャラメイクできるようになったのも、服装を変えられるようになったのも、ポイント高いですしね!
プレイ日記はおそらく書きませんが、ツイッターでスクショは引き続きアップしていきます。


もし購入検討中の方は、ぜひ3月中旬予定のアプデを待ちましょう!
ロード時間短縮、不具合修正があるとの事なので、少しは快適になると思います。

第12弾 カジュアルジャケットコーデ

f:id:NK_memory:20210124120645j:image

前回のミラプリ記事は昨年の7月のようです。
ミラプリ備忘録として始めたブログなのにどうしてこうなった。
書いているのが1月なのでしょうがないのですが、「昨年」ってつけると余計に遥か昔のような響きになりますね。
半年って書いても……どう書いても長いですね、はい、認めます。


ということでエオルゼアの流行に乗って今回はカジュアルジャケットコーデです。
1枚目はとりあえず羽織っただけです。
元の色が凄いなぁーと思ったのと、クウェインチュレル・ラッフルスカートを穿くとスカートが消えてニーハイだけが残るので、なかなか組み合わせ的にはイイ感じになったのでとりあえず保存しただけです。


こっちが真面目に考えたコーデ↓
f:id:NK_memory:20210124120649j:image

頭:魔戒弓師の頭具・陰 (牙狼コラボのなので2021年1月現在入手不可。Lv. 60レンジ専用装備)
首:スカラレンジャー・ネックレス (Lv. 70IDスカラドロップ。Lv. 70レンジ専用装備)
胴:カジュアルジャケット (蒼天街復興のクポフォーチューン1等の景品(カジュアルジャケットチェスト) or マケボ。Lv. 1装備)
手:イヴァリース・スカイパイレーツタリスマン (紅蓮アライアンスレイドオーボンヌドロップ。Lv. 70レンジ専用装備)
脚:ローズ・ヴァレンティオンタイツ (過去シーズナルアイテム。そろそろオプションアイテムでも販売するのでは……?)
足:ハイハウス・ショートブーツ (マケボ。Lv. 1装備)


f:id:NK_memory:20210124120652j:image

初めてジャケット装備を見た時、「うわっ、何だこのダサい装備は……!」と落胆したのですよね。
このデザインを基にしてリアルに近付けたい服装目指すなら、せめて普通と思えるクォリティーというかファッション常識レベルまでは持っていってくれと思いました。
鞄が何故アウターの内側なのかとか、位置とか、着崩し加減とか、白の……(強制終了)

ただ残念な事に、意外と似合ってしまったんですよね。
何でだよ……!
NK恒例(?)の秘技、堕として褒めるが炸裂!
ということで結構、気に入っています。


もはやn番煎じなコーデなのかもしれませんが、私なりに染色含めて1時間以上熟考して完成させました。
どうしても子供っぽくなっちゃうのをどうにかしたくて、脚は少し大人っぽくしたいなぁーと思って辿り着いたのがこのタイツ。
ぶっちゃけますと、パステルグリーンのジャケットには染色無しの赤のタイツのままの方が似合いました、似合うんですよ。
じゃあそうしろよって話なのですが、肩出して春っぽい感じの装いなので、少しデニールの低いタイツを表現したいなと思った小さな小さなこだわりがそうさせてくれませんでした。
これ以上薄いとタイツの模様が目立ちすぎますし、逆に濃いと模様見えなさすぎる問題に陥り、ここで大量の時間を使いました。

靴も相当悩みました。
今ではかなり装備の種類が増えたのでハイハウス系は埋もれてしまっていますが、蒼天時代にものすごくお世話になりすぎていたブーツです。
色々試した結果、丈がちょうど良くてカジュアルよりに見えるブーツだったので採用。
ちなみにハイハウス系はショートの他に、「ハイハウスブーツ」があります。
少し長めのブーツで、昔はショートよりそっちばかり履いていました。


最後に手(左手)。

f:id:NK_memory:20210124152618j:image
以前何かのコーデでも紹介しましたが、イヴァリース・スカイパイレーツタリスマン。
このジャケットでコーデを考えようと決めた瞬間に腕装備はこれに決まりました。
レンジでしか使えないのが難点ですが、とにかく好き……!
そしてできれば手じゃなくて指輪装備枠にしていただきたい……!


***
各部位の染色を白黒にも頼らず且つ全部違う色の系統にしたのは初めての試みだった気がします……!
少しでも他の人と被らないようにという気持ちが空回りした感は正直否めませんが、しばらくはこのコーデで街歩きます。
変でしたら声掛けてください(ぇ)

天穂のサクナヒメ冒険譚⑦〜The End

プレイ日記ラスト記事です。
ラストになる予定では無かったのに、ラストになりました。

Twitterにも書きましたが、前回記事からこの記事開始の間の2年分の画像が神隠しにあって消えてしまいました。
……嘘です、自らの手で、誤って、消しました。
せめて手書きメモでも残してプレイしていれば雰囲気で書けたのに……毎年のお米の結果は何一つ覚えていないのでほぼ割愛します。。。



ラスト記事ですがいつも通りお米関連の画像のみで、それ以上のネタバレは書いていないつもりです。
終盤近くに追加される稲作関連の事も書いていません。

プレイした人から見たらこれってネタバレでは?と思う節がもしかしたらあるかもしれませんが、プレイしていない人が見たら分からないような内容にしているつもりです。




***
f:id:NK_memory:20201210221958j:image
f:id:NK_memory:20201210221931j:image
前回記事で種籾選別が追加されていない……!と焦っていましたが、ちゃんと次の年に開放されました。
自分の中では量より質派でずっと進めてきたので(つもり)、泥をたっぷり入れてぐるぐる回して頑張ったつもりなのですが、いまいち品質は上がらず。
後々泥ではなく塩を入れて選別できるようになるのですが、塩でも品質のゲージがMaxになることはありませんでした。
と言っても、塩だとデメリットも一応あるので全部入れたことは無いのですけどね。


今まで分からなかった稲の病気等の説明も開放されて、モヤモヤしていた事が少しずつ分かり始めたのですが……段々と初期の頃のようにお米は放っておいて探索多めの日々で7年目の収穫を迎えました。

f:id:NK_memory:20201210221947j:image
f:id:NK_memory:20201210222002j:image
稲の病気とか分かってきて~みたいなこと書いたばかりですが、今こうやって見ると分かったのは絶対この年じゃない……!!
分かった時にそれなりに結果として反映された感動した年があったのですよ!
消えた2年分のどちらかなのか、この次の年からだったのか……真実は闇の中。


ここでまた、8年目の結果画像が無い事態に。
NKさんはそういう人です、察して?


9年目!
f:id:NK_memory:20201210221943j:image
f:id:NK_memory:20201210221954j:image
一応、一応ですけど他のパラメーターを上げる努力はしていたつもりなのですが、毎年美ばかり跳ね上がっているのですよね。
主人公の強さとしては運気に反映されるのですが、これ戦闘力自体にはあまり関係無いのでは……?
恐らく素材のドロップ率とかに反映されるのみな気がする……ただでさえ戦闘苦手なのに美だけ高いって駄目なような。


私が最後に育てたお米ちゃん、10年目の結果です。
f:id:NK_memory:20201210221927j:image
f:id:NK_memory:20201210221938j:image
f:id:NK_memory:20201210221935j:image
皆様お気付きでしょうか、結果画像が増えたことに。
今までは稲の状態ばかり見ていましたが、生物の結果も大事なのではと気付いたラストイヤー。
10年経ったから開放されたとかではありません、1年目から見れるものです。

もちろんプレイ中に目にはしていましたが、自分で捕まえて田んぼに入れられる「蜘蛛」「蛙」「田螺」だけしか気にしていませんでした(この3種は害虫ではなく益虫)。
他のは何だろう程度でスルーしていましたが、肥料に防虫防草の概念があるゲームなので普通気にするところだったはずですよね。


肥料と言えば……最後の最後までよく分からないまま終わりました。
メインの「葉肥」「穂肥」「根肥」についてはゲーム内で教えてくれるのですが、プラスで入れて能力アップ?系の塩梅が全く分からずで。
最初から最後までケチって節約し続けてあまり入れないままでした。


肥料同様夕飯の献立もケチりすぎて節約しすぎて最後までこのゲーム内で言う高級そうな料理を食べさせてあげずに終了。
せっかく夕飯で選択できる献立が増えていったのに、村人達には本当に申し訳ないことをしてしまいました。
蝗(イナゴ)の炙り焼きを出した時の主人公の箸の進みの遅さはとんでもなかったのがとても印象的でした。
それはそうですよね、私なら何が何でも無理です。


最後に主人公のパラメーターも載せてみます。
(緑のプラス表記は夕飯を食べて能力が増えているという感じです)
f:id:NK_memory:20201210221950j:image
f:id:NK_memory:20201210221923j:image
はい、そんなこんなでゲームクリアしました!
ぴったり10年間です。
やはり決められた期限は無いようなので、プレイヤーによって何年目でクリアにするかは人それぞれのようです。
10年が早かったのか、遅かったのかは分かりません。



***
予想より長くなってしまったので、次回Another world形式で感想書こうと思います。
予定は未定。

天穂のサクナヒメ冒険譚⑥4年目春〜4年目冬

このゲーム、たまにですけど「スローライフ」という言葉を用いて宣伝されているのを見かけるのですが、一体どのあたりがスローなのかを全力で問いたいところ。
牧場物語でも同じ言葉が使用されていますが、同じ事を感じているのでマーベラス社とは感覚が違うようです。



***
さて、やっと4年目突入です。
縁側で休んでいたら働きたくないトロフィーをいただきました(トロフィー機能はPS4だけの仕様だと思います) 。

f:id:NK_memory:20201201112619j:image



唐突に村人が2人もいなくなったのですが、とりあえず気にせず田起こしを終えてみました。
今年は肥料がちゃんと反映されたようです!

f:id:NK_memory:20201201112623j:image


田植えでは苗が400本くらいになって、もはや疎植なんて二度とできないのではというくらい大量に。
確か1年目は50本くらいしか苗が無かったような。
今年も田植えの途中でいきなり3本ずつ植えられるようになって、汚すぎる配列の田んぼの完成です。
密度、本当に「標準」があったのはちょっと笑っちゃいました。
f:id:NK_memory:20201201112646j:image


春になったらついにまともな農書が見れるようになって、肥料と水の量のヒントが開示されました、これは嬉しい……!!
f:id:NK_memory:20201201112642j:image

しかーし、ここに来て気付いてしましました。
種籾選別も厚撒きも開放されていない··········!
恐らく村人が消えたまま数日放置した罰だと思われます。
本来なら田植え前に開放されたのではと推測しつつ、相変わらず時は戻さないので仕方なく諦めます。

今年は探索パートはほんの少し控えめにして、農書で確認しながら肥料を気にしてみたり、水の量を気にしてみたりして過ごしました。
夏辺りに、捧げ物をすれば天候操作ができるような機能も増えた気がしましたが、特に使わず自然のままの天気で収穫まで至ります。


脱穀も村人さんが改良して作ってくれた機械……まではいかないものでできるように。
初期から使える道具も選べたので、品質とか変わってしまうのか心配。
f:id:NK_memory:20201201112637j:image
f:id:NK_memory:20201201112634j:image


今年も白米にして4年目終了です!
f:id:NK_memory:20201201112649j:image


格が15に。今までの伸び率と比較すると、一番良かったです。
意外と一般ピーポーに追いついた……というか近付けた気がします。
f:id:NK_memory:20201201112630j:image


しかーし、明らかに稲の状態は悪くなっているようです。
各病気の詳しい説明の農書はいつ開放してもらえるのか気になるところ。
f:id:NK_memory:20201201112627j:image

今年の収穫後~来年は白米が余る予感。
お酒とかに加工して飲ませてあげようかな。



***
これを書いている時点でゲームも5年目に突入していないので、プレイ日記はさらに遅くなりそうです。
よく止めどころが分からなくてずっとやっちゃうというのを見かけるのですが、全然そんなことないんですよね。
みなさん褒めすぎじゃない??と思いながらも、5年目頑張ります。